30代に多い抜け毛の原因は?

加齢により頭皮環境が徐々に悪化してくる!

30代は加齢による頭皮環境の悪化で抜け毛が起こる 30代になると、肌や体にも老化の兆候を感じるように髪にも老化が押し寄せてきます。 髪質の低下や白髪、うねり毛や頭皮の乾燥などは典型的な髪や頭皮の加齢現象といえます。


女性ホルモンはというと、30代前半までは、量も十分で一番バランスが取れて安定している時期ですが、30代後半になると減少しはじめるため、髪が細くなってきたり、分け目が薄くなってきたということを痛感することが増えてきます。


女性ホルモンの分泌量の低下だけでなく、加齢により、細胞分裂が鈍化したり、代謝も低下してくる影響で頭皮の血行も悪くなり、栄養が行き届かなくなって頭皮環境が悪くなることも抜け毛が促進される要因になります。

30代は加齢変化にストレスが加わる悪条件が揃う。

30代は加齢変化にストレスが加わる悪条件
30代はさまざまなストレスが加齢変化を促進します。

髪の加齢変化が目立ち始める30代は、容姿や若さが衰えるストレスと仕事や家庭環境において責任が増すことによるストレスも重なり、ストレスの負のスパイラルから抜け毛が増えるという人は多いです。


特に女性の場合、一般的に美や若さに対しての執着やこだわりが強いため、白髪や髪質の低下といったある程度受け入れざるを得ない老化現象を認められず、心身のバランスを崩してしまう人がいます。


テレビで見る同年代の芸能人は若くてきれいだし、髪もふさふさ。芸能人だから特別なんだと思いきや昨今ブームになっている美魔女をみると、一般女性でもこんなにきれいな人がいるんだと同じ女性なのになぜ?と落ち込んでしまう人もいるそうなんですね。


美魔女ブームが典型的ですが、より若くきれいでいることがもてはやされるのをみると、自分も若く美しくなればならないとプレシャーになりますし、仕事や家庭においても結果をださないといけないといった完璧主義な性格が加わると、それがまたストレスになります。


加齢により頭皮の血行が悪くなっているところにストレスによる緊張が加われば余計に血行も悪くなりますし、ホルモンバランスを乱す原因にもなります。毎日の心配事や不安が余計に抜け毛を促進する原因になってしまうんです。


女性の抜け毛・薄毛が男性と違うところは、髪や頭皮に実際に起こっていることよりも心の中で起きていることのほうがずっと深刻な場合が多いということです。


ストレスコントロールや老化に対しての前向きな心構えというのも30代女性の抜け毛対策では重要なことです。30代は20代と比べると、毛根の活性力が落ち、血行も悪くなって頭皮環境が悪くなりがちですが、まだまだケア次第で回復が可能なので、そんなに悲観する必要はありませんよ。

特集!抜け毛を防ぐ育毛剤

女性用育毛剤の選び方
抜け毛対策に効果のある育毛剤を選ぶ4つのポイントとは?
6か月間のコスト比較
効果の目安である6か月間使用した場合のコスト計算&比較。
おすすめ<Best3>
効果・低刺激・コスパが揃った女性用育毛剤<Best3>。