40代・50代に多い抜け毛の原因は?

加齢変化と女性ホルモンの減少の影響が顕著に

40代・50代は加齢変化と女性ホルモンの減少 40代から50代にかけては、加齢による頭皮環境の悪化や女性ホルモンの減少ということが重なる時期なので抜け毛や薄毛が進行しやすいです。


更年期前後から髪質が低下しはじめ、閉経後にはそれが顕著になり、抜け毛が増えて薄毛が目立ってくるというのが40代から50代にかけてのよくある髪の加齢変化です。


もちろんすべての女性が抜け毛や薄毛に悩まされるということはありませんが、それでも髪のハリやコシがなくなったり、指通りが悪くなるなどの髪質の変化は女性であれば誰もが実感するはずです。

40代・50代は体の内側からのケアも重要に

40代・50代は体の内側からホルモンバランスの調整を
体の内側からホルモンバランスを安定化させることも大事です。

髪質が低下してハリやコシがなくなり、髪型が決まらなくなってしまう程度で済む人もいれば、髪全体が薄くなり、地肌が透けてきてしまって、とても外に出れないというほど薄毛が深刻になってしまう人もいます。


もともと髪が細い人は、加齢や女性ホルモンの分泌量の低下でさらに髪が細くなってしまうので地肌が透けてきてしまう可能性は高いといえますが、あくまでこのあたりは個人差があるものです。


また、40代・50代の髪や頭皮は若いころからの生活習慣やヘアケアの影響もでてくるようで、若いころに食事制限ダイエットをしてリバウンドを繰り返していたとか、頻繁に縮毛矯正していたという人は抜け毛が多く、薄毛が進行しやすい傾向があるといわれています。


とはいってもやはり一番影響が大きいのは加齢による毛根の活力の低下や血行不良、そして女性ホルモンの減少です。特に更年期以降、女性ホルモンが減少することで、男性ホルモンの量が相対的に増えてしまうので、その影響を受けて抜け毛が増えてしまう人もいます。


参照:必見!女性ホルモンと抜け毛の関係


そのため40代になった時点で大豆製品を積極的に取ったり、豆乳を飲むなどして、女性ホルモンを安定させるように体の内側からケアしていくことも意識していったほうがいいかもしれません。


頭皮環境も加齢による頭皮の乾燥や血行不良で髪が育ちにくく、根付かない状態になっていることが多いので、マッサージをしたり、育毛剤で有効成分を与えたりして頭皮環境を良好に保つことが抜け毛を防ぎ、フサフサな髪を維持するためには欠かせません。

特集!抜け毛を防ぐ育毛剤

女性用育毛剤の選び方
抜け毛対策に効果のある育毛剤を選ぶ4つのポイントとは?
6か月間のコスト比較
効果の目安である6か月間使用した場合のコスト計算&比較。
おすすめ<Best3>
効果・低刺激・コスパが揃った女性用育毛剤<Best3>。