60代以降の抜け毛の原因は?

女性男性型脱毛症(FAGA)が年々進行!

60代は女性男性型脱毛症(FAGA)が深刻? 髪の加齢変化がより顕著になり、頭皮の乾燥も皮脂量が低下することで頭皮環境も悪化の一途をたどります。


また、閉経したことで女性ホルモンによる男性ホルモンの抑制が効かなくなってしまうことから女性男性型脱毛症(FAGA)が進行して髪がかなり薄くなってしまって悩んでいる人も多いはずです。


ただ、抜け毛が増えて髪が薄くなってもかつらやウィッグには頼りたくないと思っている人もいると思います。いくつになってもきれいでいたいし、同年代の人と比べられるなら誰よりも若くみられたいですからね。

60代からでも抜け毛対策&育毛は間に合うの?

60代でも抜け毛・薄毛対策は間に合います。
男性に比べてずっと育毛の効果がでやすいです。

60代ともなるとすべての人が閉経していると思います。


閉経後は髪のハリやコシ、ボリュームを強化してくれていた女性ホルモンの働きがなくなってしまうので、ますます加齢変化が顕著になりますし、男性ホルモン(テストステロン)の影響が強くなって抜け毛も進行する一方です。


(※閉経前は、卵巣から女性ホルモンのエストロゲンが分泌されていますが、閉経後は副腎皮質から分泌されている男性ホルモン(アンドロゲン)がアロマターゼと呼ばれる酵素によってエストロゲンに変換されるのでまったく「0」になるわけではないです。)


肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸といった成分の量も著しく減ってきますから頭皮が硬くなり、乾燥してきます。シャンプーなども敏感肌用の洗浄力の弱いものに替えるか、2~3日おきにしないと刺激や乾燥が悪化します。


逆に60代になっても髪のボリュームや量を保てている人は、今後、白髪は増えてより真っ白になることはあっても髪の量は現状をかなりの確率で維持できると思います。


60代ともなると、「この年齢から育毛をしても無理!」と考えてしまいがちです。女性用ウィッグなどが50代や60代に一番売れている傾向をみると、やっぱり年齢にとらわれてしまうのかあきらめてしまう人も多いみたいなんですね。


ただ、覚えておいてほしいのは女性は男性とは薄毛とメカニズムが異なるため育毛ケアの結果が出やすいということ。頭皮環境を改善するだけでも変わってきますから、育毛ケアをはじめ、食事や睡眠、ヘアケアなど、見直せることは見直してみてください。


いくつになっても手をかければ、かけた分だけ応えてくれるのが髪の毛です。 髪と頭皮にやさしい習慣を続けることで一変する可能性がありますよ。

特集!抜け毛を防ぐ育毛剤

女性用育毛剤の選び方
抜け毛対策に効果のある育毛剤を選ぶ4つのポイントとは?
6か月間のコスト比較
効果の目安である6か月間使用した場合のコスト計算&比較。
おすすめ<Best3>
効果・低刺激・コスパが揃った女性用育毛剤<Best3>。