加齢が抜け毛の原因になる理由

加齢が抜け毛の原因になる理由 加齢によりヘアサイクルが乱れやすくなる。 加齢にともないヘアサイクルが変化してきます。成長期が短くなり、休止期が長くなるなどヘアサイクルが短縮されるので髪が成長する前に抜けてしまい、髪が減ってきてしまいます。


加齢によってヘアサイクルが短縮されてしまうのは、血管が老化してくることで弾力を失い、頭皮の血流が悪くなってくるということが一つ。それから毛根の細胞の活力も低下してくるということが重なるからです。


特に女性の場合は低体温や冷え症に悩んでいる人が多いように、血行に問題がある人が多いので、そうした血流の悪さの影響が髪や頭皮に出てきやすいという特徴があります。血行の悪さを実感している人は気をつけないといけません。

加齢による抜け毛を防ぐ対策方法

加齢による抜け毛を防ぐ対策方法加齢による抜け毛は程度の差はありますが遅かれ早かれ誰にでも訪れるものです。


年齢を重ねることで、体の組織や機能、細胞は劣化していきますし、その働きが悪くなっていくというのは自然の摂理ですから、性別も遺伝も関係ないですし、受け入れないといけません。


加齢が髪や頭皮に及ぼす影響をもう少し詳しく解説すると、女性の場合、だいたい30代後半あたりが髪の曲り角といわれています。これぐらいの年齢になると髪を作る毛乳頭細胞の働きが悪くなり、毛乳頭も小さくなって、「髪の毛を作れ!」というシグナルが弱まってきます。


さらに血管の老化というものも重なってきて、血行が悪くなってくるで髪の成長に必要な栄養分や酸素が毛乳頭へ送られる栄養分が不足してくるので、細胞分裂もうまくいかなくなり、髪が成長しにくくなってきます。


こうした加齢による抜け毛は病気ではなく、老化による機能低下なので、受け入れないといけない部分もありますが、アンチエイジングという言葉があるように、老化というのは、対処次第で遅らせたり、緩和させることができるものです。


髪のアンチエイジングとしては、ヘアサイクルを乱し、抜け毛の原因になっている「毛根の活力が低下していること」「頭皮の血行不良」の2つにアプローチすることが重要になります。


そのためには、育毛剤や頭皮マッサージによる毎日のヘアケアによる外側からのアプローチと睡眠、食事、運動etcの生活習慣を見直して対策するという内側からのアプローチが地味ではありますが、一番確実に効果がある方法です。

特集!抜け毛を防ぐ育毛剤

女性用育毛剤の選び方
抜け毛対策に効果のある育毛剤を選ぶ4つのポイントとは?
6か月間のコスト比較
効果の目安である6か月間使用した場合のコスト計算&比較。
おすすめ<Best3>
効果・低刺激・コスパが揃った女性用育毛剤<Best3>。