抜け毛に悩む女性用育毛剤.com >  > 【結論】抜け毛を減らすには何をすればいい?

【結論】抜け毛を減らすには何をすればいい?

抜け毛を減らすには何をすればいい?髪は一度生えたらずっーと伸び続けるというものではなく、一定期間成長した後は自然に抜けて、しばらくするとまた同じところから髪が生えてきます。


この生え替わりのことをヘアサイクル(毛周期)といい、「成長期→退行期→休止期」という循環をおよそ10万本の髪が毎日のように繰り返して、髪の本数や長さ、全体の毛量を保っているんです。


しかし、このヘアサイクルが乱れると髪が成長しきらないうちに抜けてしまったり、休止期が長くなって新しい髪がなかなか生えてこなくなり、毛量を保てなくなるといったことが起きてきます。


ヘアサイクルが乱れてしまうことが抜け毛の原因ですが、ヘアサイクルを乱してしまう誘因となるものがいくつか存在します。当サイトでもいくつか解説していますが、女性の場合は、


・頭皮環境の悪化(血行不良・毛根の活力低下)
・女性ホルモンのバランスが乱れてしまうこと


この2つがその最大の要因になります。


抜け毛対策=頭皮環境を改善し、女性ホルモンのバランスを整えること

頭皮環境を改善することが大事!お伝えしたとおり、抜け毛を防ぎ、育毛や発毛を促進するためにやるべきことは、加齢や生活習慣で悪化した頭皮環境を改善し、女性ホルモンのバランスを整えるということです。


頭皮が血行不良になっていたり、毛根の活力が弱っている頭皮環境には血行促進作用や毛根を活性化してくれる有効成分を頭皮に与えてあげることが有効です。毎日のヘアケアに育毛剤を取り入れるのが効果的でしょう。


女性ホルモンのバランスについてはストレスを溜めこまず、睡眠、食生活といった生活習慣を整えること、更年期以降の女性ホルモンの減少には女性ホルモンをサポートしてくれる大豆イソフラボンやプラセンタといった成分を摂取する方法が手軽で取り組みやすいと思います。


乱れたヘアサイクルはそう簡単に戻せるものではありませんが、遺伝や男性ホルモンの影響が強い男性と比べると、女性は毎日のヘアケアや生活習慣の改善による育毛の効果が実感しやすいという特徴があるので努力が無駄になることはありません。


抜け毛が増えて髪が薄くなりはじめてからより、抜け毛が気になりだしたときにすぐにはじめたほうが結果が出るのは早いし、確実です。スキンケアと同じで髪は手をかけた分、必ず応えてくれます。


5年後、10年後も豊かな髪でいるためにも、今からしっかり抜け毛対策しておきましょう。

生活習慣と頭皮環境を改善するヘアケアをはじめましょう!

抜け毛を防ぐには、生活習慣を改善するという内側からのアプローチと育毛剤など使った外側からのアプローチで頭皮環境を改善するのが有効です。女性のデリケートな頭皮にあった女性用育毛剤があるので是非チェックしてみてください。 ココに注目!女性用育毛剤の選び方

特集!抜け毛を防ぐ育毛剤

女性用育毛剤の選び方
抜け毛対策に効果のある育毛剤を選ぶ4つのポイントとは?
6か月間のコスト比較
効果の目安である6か月間使用した場合のコスト計算&比較。
おすすめ<Best3>
効果・低刺激・コスパが揃った女性用育毛剤<Best3>。
抜け毛を減らし、育毛発毛を促進するために取り組みたい対策について紹介します。女性の抜け毛は男性と比べて遺伝や男性ホルモンの影響が弱いので改善しやすい特徴があります。早く取り組めばそれだけ早くフサフサ髪が取り戻せるはずです。