抜け毛に悩む女性用育毛剤.com >  女性の抜け毛の原因 >  ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れが抜け毛の原因になる理由

ホルモンバランスの乱れが抜け毛の原因 女性の髪の量や質はホルモンに左右される! 女性は産後や更年期に抜け毛が増えることがありますが、ホルモンバランスの乱れによる抜け毛の典型的な例といえるものです。


女性の体は女性ホルモンに支配されていますが髪も例外ではなく、女性ホルモンが大きく増減するとその影響を受けます。産後や更年期というのはホルモンバランスが著しく変化する時期なので髪への影響も大きいんです。


最近は20代、30代若い女性の間で抜け毛や薄毛の悩みが急増しているといわれていますが、そのほとんどが外に出て働くようになったことでストレスを感じる機会が増えたことがきっかけになってホルモンバランスが乱れてしまっていることが原因だと考えられています。

ホルモンバランスの乱れによる抜け毛を防ぐ対策方法

ホルモンバランスの乱れによる抜け毛を防ぐ対策方法
髪が細くなり、頭髪全体が薄くなる。

出産後の3か月~6か月ぐらいは1日200本、300本という大量の抜け毛があります。この産後の抜け毛や薄毛のことを「分娩後脱毛症」といいます。


妊娠中は女性ホルモン(エストロゲン)が増加するのでその作用で髪の寿命が延命されます。そのため気づく人は少ないと思いますが妊娠中(特に後期)は抜け毛が減っているんですね。


それが出産後、役目を終えて女性ホルモンが本来の正常の量に戻ろうと減少しはじめると、これまで延命されていた髪の毛が一気に寿命を終えて抜け始めます。そのため通常時の倍以上の抜け毛が発生するわけです。


抜け毛の量はホルモンバランスが整ってくるに従って落ち着いてくるのであまり心配する必要はありません。通常は、1年以内に元の状態に戻る人がほとんどです。(髪が元に戻らない場合、子育てのストレス、疲れ、食生活の偏りの影響が考えられます。)


もうひとつ女性ホルモンに大きな変化があらわれる更年期~閉経後にかけての抜け毛については、女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうことで女性にもある男性ホルモンが優位になってその影響で抜け毛が促進されてしまうというものです。


※詳しくは、必見!女性ホルモンと抜け毛の関係60代以降の抜け毛対策&育毛ケアをチェック。


これまでホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンの影響で抜け毛が増えて髪が薄くなるといってもそれは頭部全体が均等に脱毛して薄くなる「びまん性脱毛症」であり、男性のように前頭部(額)が後退するようなことはないといわれていました。


しかし、最近、急増しているという20代30代女性の若い世代の抜け毛や薄毛の症状を見る限り、4人に1人は男性と同じように前頭部(額)が後退しているケースが見受けられるそうで、これまでの常識が覆りつつあるそうです。


額の生え際が後退したり、M字に薄くなるというのは完全に男性型脱毛症(AGA)の影響です。


女性は男性社会で揉まれているうちに声が低くなったり、ヒゲが生えてくるなど男性化してくることはいろいろと報告されていますが、抜け毛や薄毛にかんしても男性化が進んできているということなんですね。女性でもM字ハゲは起こり得るということは覚えておいたほうがいいと思います。

特集!抜け毛を防ぐ育毛剤

女性用育毛剤の選び方
抜け毛対策に効果のある育毛剤を選ぶ4つのポイントとは?
6か月間のコスト比較
効果の目安である6か月間使用した場合のコスト計算&比較。
おすすめ<Best3>
効果・低刺激・コスパが揃った女性用育毛剤<Best3>。