抜け毛に悩む女性用育毛剤.com >  > 抜け毛を防止するシャンプーなんてない!?

抜け毛を防止するシャンプーなんてない!?

結論からいいますが、 抜け毛を防止するシャンプーなんてものはありません。


シャンプーはあくまで髪と頭皮の汚れを落とすものであり、抜け毛を防いだり、育毛を促進する効果はないんです。なので、抜け毛や薄毛対策におすすめのシャンプーがあるとしたら髪や頭皮に負担がかからないものであればなんでもいいというのが正直なところです。


シャンプーを分類すると以下のようになります。

アミノ酸系 高級アルコール系 せっけん系
特徴 アミノ酸系界面活性剤を使っており、頭皮への負担が少なく低刺激。 天然系と石油系があり、市販の多くは石油系界面活性剤を使用。 脂肪酸Naなどから作られた洗浄成分を使用。頭皮への刺激は弱い。
洗浄力・刺激 やや弱い・低刺激 高い・刺激が強い 高い・刺激は弱い
頭皮との適正 乾燥&頭皮トラブルのある人向け 肌が弱い人には不向き 髪が長い人には不向き
適正 アレルギー体質の方や敏感肌の人も使える。弱酸性がおすすめ。 オイリー肌向け。刺激が強く、地肌に残るとトラブルの可能性あり。 毛穴汚れまでしっかり落ちるが、石けんカスが残りやすいのが玉にキズ。

こうして比較してみると、シャンプーには髪と頭皮にやさしいものと刺激になって負担をかけてしまうものがあることがわかると思います。頭皮に負担をかけて頭皮環境を悪化させてしまうことは、髪にとってよいものではありません。


そう考えると、抜け毛に悩んでいる方は、表を参考にシャンプー選ぶなら高級アルコール系に分類される石油系界面活性剤を使ったシャンプーは避けたほうがいいでしょうね。


シャンプー選びのポイントはあくまで、「髪や頭皮にとってやさしく、できるだけ頭皮環境にとってマイナスにならないもの」ということであり、抜け毛防止や育毛効果を期待するというのは間違いです。


シリコン配合のシャンプーが抜け毛の原因になるという噂

シャンプーといえば最近は、ノンシリコンシャンプーが流行っています。抜け毛にも言及されていることが多く、「シリコンは毛穴を詰まらせて抜け毛を誘発させる」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。


当たり前ですが、これはです。


そもそもシリコンがそんな危険な成分であればシャンプーに配合していいわけがありませんし、消費者生活センターに苦情が殺到するはずです。でもそんな話は聞いたことがありません。


「ノンシリコン」であることを強調されると、「シリコンは髪や頭皮に悪いのかな?」という印象を持ってしまいがちですが、これはあくまでイメージ操作に近いもので、ノンシリコンシャンプーを売りたいがためのマーケティングなんですね。


抜け毛に対する影響としては「シリコン」「ノンシリコン」というのはほとんど関係ないし影響もしません。シャンプーで気をつけないといけない点があるとしたら繰り返しになりますが、強烈な洗浄力と脱脂力で頭皮環境を悪化させる可能性がある石油系界面活性剤入りかどうかということです。


「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」「トリエタノールアミン」「パレスー3硫酸Na」「スルフォン酸Na」といった成分がいわゆる石油系界面活性剤なので、シャンプーを選ぶ際はココだけでもチェックするようにしましょう。

シャンプーが負担にならないことが大事!

抜け毛・薄毛対策においてシャンプーはあくまで頭皮に負担をかけないものを使うのが基本です。抜け毛を防止したり、育毛を促進してくれるのは育毛剤の役目になります。 女性用育毛剤選びの4つのポイントって?

特集!抜け毛を防ぐ育毛剤

女性用育毛剤の選び方
抜け毛対策に効果のある育毛剤を選ぶ4つのポイントとは?
6か月間のコスト比較
効果の目安である6か月間使用した場合のコスト計算&比較。
おすすめ<Best3>
効果・低刺激・コスパが揃った女性用育毛剤<Best3>。
シャンプーには抜け毛を防ぐ効果も育毛を促進する効果もありません。育毛におけるシャンプーの正しい役割や抜け毛・薄毛対策のための選び方、ノンシリコンとシリコンのよくある勘違いについても解説しました。