ストレスが抜け毛の原因になる理由

ストレスが抜け毛の原因になる理由 髪に悪いと思うこと第一位「ストレス」 「ストレスが髪に悪い、抜け毛の原因になる」というのは経験している人もいるでしょうし、昔から言われていることなのでほとんどの人が知っていると思います。


実際その通りで、ストレスによって自律神経が乱れるとホルモンバランスが崩れますし、胃腸障害、血行不良といった問題も起きてきます。円形脱毛症などもいまでは自己免疫疾患といわれていますが、経験者にいわせると「ストレス」以外の何モノでもないといいますよね。


女性の、しかも20代30代といった若い世代に抜け毛や薄毛の悩みを抱えている人が急増しているのも女性の社会進出が増えて、ストレスが増大しているのが一因であることは間違いありません。

ストレスによる抜け毛を防ぐ対策方法

ストレスによって抜け毛が増えるのは以下のようなことが考えられるからです。


1、自律神経が乱れることでホルモンバランスも乱れるから
2、自律神経が乱れることで頭皮への血行が悪くなるから
3、交感神経が緊張することで胃腸障害が起こり、栄養の吸収が滞るから


ストレスの一番の影響は※自律神経が乱れることになります。


(※自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つが状況にあわせてアクセルとブレーキの役割を果たすことで健康な身体活動と精神活動が可能になっています。)


自律神経の中枢(司令塔の役割)は間脳の視床下部というところにあります。視床下部はホルモンの分泌を調整する中枢でもあるので、自律神経が乱れるともれなくホルモンの分泌にも影響がでてバランスが崩れます。→ホルモンバランスの乱れが抜け毛の原因になる理由


ストレスによって血行が悪くなるのは、ストレスに対抗するためにカテコラミンという物質が分泌されるようになり、血管が収縮しやすくなることや交感神経が優位になるので、筋肉が収縮し、血管を収縮する作用のあるアドレナリンも分泌されることが影響しています。


頭皮への栄養不足の原因にもなる胃腸障害が起こるのは、脳の自律神経と腸管の神経が自律神経を介して繋がっているため、他の臓器と比べて胃や腸はストレス(精神・心理状態)の影響を強く受けてしまうからです。


こうしたストレスに対処する方法は、アロマテラピーやヨガ、運動で心身の緊張を取り除き、睡眠でしっかり心と体を休息させるしかありません。性格的には完璧主義の方や神経質で融通が効かない人、八方美人で気を遣いすぎる人や心配性の人はストレスをためやすいので要注意!


自分一人の時間を設けて気分転換したり、休息して、ちゃらんぽらんになることが大切です。

特集!抜け毛を防ぐ育毛剤

女性用育毛剤の選び方
抜け毛対策に効果のある育毛剤を選ぶ4つのポイントとは?
6か月間のコスト比較
効果の目安である6か月間使用した場合のコスト計算&比較。
おすすめ<Best3>
効果・低刺激・コスパが揃った女性用育毛剤<Best3>。